【こんなものも作ってます】トートバッグ

4-5年前、展示会で名刺交換したデザイナーの方からメールアドレス変更の連絡が来たので、「弊社布プリントやってますので、いかがですか?」と返信したところ、とんとん拍子で話が進みまして、グッズ類の製作にご協力させていただくことになりました。

 

お会いしたことも無いのですが、上手くいく時はこんなもんですね(笑)

 

という訳で、製作したトートバッグを1個送っていただきました。

 

 

弊社はプリントのみで、縫製はバッグ専門の縫製業者で加工したそうです。

 

昇華プリントの発色の良さはデザイナーの方にも気に入っていただけたのですが、もう一工夫 素材の高級感を出したいという点でデザイナーの方と意見が一致しました。

 

製作数量が少ないのと、工数・販売ルートといった諸々を考慮すると、販売単価もそれなりに高価格になってしまいますので、作る以上は値段以上の見栄えにしたいですね。

 

と同時に、製造コストを抑える必要もあり、小ロットのモノづくりというのは条件が厳しいです…

 

弊社では普段 垂れ幕といったモノを製造しておりますが、サイズ以外は使用する素材も加工も決まったものばかりですし、こうした異業種の方からの視点で、いろいろ貴重な意見をうかがうことができました。

 

というか、普段 下請け仕事ばかりで、自分で試行することを怠けがちになるので、新たなテーマに取り組む良いきっかけになりました。

 

お客様の期待に応えられるよう頑張ります!


看板を作りました

本日は毎週のように通っている地元の揉み屋さんの看板を取り付けに行ってきました。消費税率の変更により修正が必要になったようです。

 

 

塩ビ出力+複合板へ貼り込みし、元の看板の上から両面テープで貼り付けしただけですので、さすがに作業工賃は頂いておりません(笑)

 

簡単な取付であっても、本職の看板業者さんに来てもらったら出張費・作業工賃の請求があるでしょうから、その辺りがお客様に「看板は高い」と思われる理由の一つなのでしょうね。

 

営業的な話をすると、看板業者さんもこうした細かなニーズを探し出すことは簡単ではないと思いますし、お客様でも看板業の知り合いがいるという方は、ほぼいらっしゃらないかと思います。

 

このギャップを埋める良い方法があれば良いのですが…。自分にはウェブ検索で、看板+地名で上位に出るようにするくらいしか思い付かないです。

 

地域密着型営業というのも、意外と難しいものですよね…


エプソン Tシャツプリンタの初仕事

知り合いのデザイナーの方よりTシャツプリントのご注文をいただきまして、初の受注&プリントとなりました。

 

 

当然と言えば当然なのですが、グラフィックデザイナーの方はTシャツのプリント方法など詳しくないので説明が難しいですね。

 

Tシャツボディーの色も淡色と濃色で全然コストが違ってきますし、シンプルな1色/2色程度のデザインですと15-20枚くらいでシルクスクリーン印刷の方が安くなりますしね…

 

今回は背中にグラデーション付きのロゴがあるので、こういうデザインですとインクジェットの利点は明らかですが。

 

 

仕上りも淡色Tシャツへのプリントの場合は染み込みインクのようになり、濃色Tシャツで下地の白プリントを施した場合はラバーインクのようなベットリとした仕上がりになります。

 

弊社ですと昇華プリントもやっているので、それぞれのメリット・デメリット、仕上がりの違いを言葉で説明しても意外と伝わらない…

 

今回は淡色Tシャツで白とライトブルーの2バージョンとなりましたが、プリントしてみて淡色Tシャツと同系色のプリントを組み合わせるのが、デザイン的にもコスト的にも良いのではないかと思いました。

 

残る課題は濃色Tシャツへの前処理ですが、何か良い方法ないですかね…(苦笑)

 

プリンタ代を回収するまで頑張りますので、皆様からのお問い合わせをお待ちしております。


ナイロンジャンパーにアイロン転写プリント

金を借りている朝日信用金庫 堀切支店様からナイロンジャンパーのご注文をいただきました。

 

「こんなのやってますか?」と言われ「できますよ」とは言ってみたものの、実はナイロンジャンパーへのアイロン転写はやったことがありません(笑)

 

で、完成したのがこちら。

 

 

特に難しいことはないですが、サイズが大きいので位置合わせが面倒ですね。

 

こういった仕事を大量にこなしているマーク屋さんは慣れているのでしょうけど、たまにしかやらない我々のような業者ですとそれなりに時間がかかります。

 

これで飯を食うのは難しいというのが正直な感想ですが、今後のために今は経験を積むしかありませんね。

 

この仕事とは直接関係ないのですが、中国の業者に卓上ヒートプレス機を注文しました。サイズの大きいものが欲しくて探しておりましたが、国内の業者から購入すると30万円位しそうなので…。

 

届いたらこちらご紹介させていただきますので、請うご期待です。

 


水転写シール(デカール)を作ってみた

 

Tシャツなど布製品へのトナー転写用に導入した沖データ VINCI C941ですが、あまり活躍の場がない状況でして…。白トナーを搭載しているのが大きな特長ですが、他の利用方法を検討中です。

 

今回はお遊びがてら、水転写シールを作ってみました。水転写というと「?」という感じかもしれませんが、プラモデルに入っている水貼りのシールで、デカールとも呼ばれます。

 

今回は従業員の趣味で、ガチャガチャのザクへ貼り付けてみました。ザク頭部は直径5cm程度ですので、かなり高精細に印刷されていることがお分かりいただけるかと思います。

 

この水転写シールの特長は、色のついたところから糊剤がはみ出ないところです。トナーが載っているところにのみ、糊が付く特殊なシートを使用しております。

 

模型作りを趣味としている方の間では、オリジナルデカールの制作もニーズがあるようです。

 

はがきサイズより制作を承りますので、ご興味がございましたらお気軽にお問い合わせください。

 


中古のラミネーターが大活躍しました

先日 ブログで書きました中古のラミネーターですが、取引先のスリット加工屋さんから透明フィルムに和紙アプリを貼るお仕事をいただきまして、600mくらい貼り加工を行いました。

 

若干の失敗はありましたが、慣れてきたらスイスイと進んであっという間に終了しました。

 

なかなか素性の良いラミネーターで、ちょっと得した気分になりました(笑)。

 

依頼があった時は「大丈夫か?」と戦々恐々でしたが、いろいろな仕事をこなすことで経験値も上がりますし、弊社・お客様 双方満足のいく結果となって良かったです。

 

ラミネートだけの仕事というのも今時珍しいかとは思いますが、弊社でお手伝いできることがございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

 


【製作事例】オリジナルラッシュガード 作っております

以前にも書きましたが、弊社では昇華転写プリントを用いたオリジナルラッシュガードの作製を承っております。

 

この度、東京都荒川区にあるブラジリアン柔術道場 頂柔術様よりご注文いただき、納品が完了しました。特殊なミシンを用いた縫製に手がかかるため、約1ヶ月弱ほど納期がかかりました。

 

こちらのウェブサイトで製作事例をご紹介しておりますので、ご興味のある方はご覧ください。

http://katsuspo.com

 

 

こちらがフラットシーマと呼ばれる特殊なミシンです。

フラットシーマミシン

 

溶剤プリンタが購入できるくらい高額なミシンなのですが、全く元をとれておりません…。導入して3年近く経過しますが全く仕事が無く、今後の目処も立たないため売却も考えておりました。

 

幸いなことにお問い合わせを頂けるようになりまして、少しずつですがビジネスとして体をなしてきた感じです。「石の上にも3年」という言葉もありますし、我慢も必要ですね。

 

ウェアの縫製も当初は外注にお願いする予定でしたが新参者には手厳しいという業界の洗礼を浴び、憤りもあり勢いでミシンを3台購入してしまいました(笑)。

 

同時にアパレルの縫製経験者の方に働いていただくことになったり、パターン制作の方とお付き合いが始まったりして、結構な出費はありましたが結果的に会社の今後の展望としては良い広がりができたと感じております。

 

ミシン代の元も取れてないのに生意気ですが、新規ビジネスを形にするコツは過剰な期待をせず「ダラダラやる」ことではないかと思いました(笑)。ひょんなきっかけで、仕事はくるものですよね。

 

いろいろなモノを製造できるリソースが揃ってきているので、もう少し頑張ろうかと思います。

 


最近の製作物

新しいヒートプレス機の使い方の実習やお仕事を兼ねていろいろ製作中です。

いくつかご紹介します。

 

まず最初は柔術着に縫い付けるパッチ(ワッペン)です。

ブラジリアン柔術の練習仲間に紹介いただき沖縄県の方からご注文いただきました。

 

昇華転写プリント+レーザー裁断仕上げです。

レーザー裁断機は丸とか異形カットも可能で、小さいモノを大量に製作するときにとても便利です。

 

BJJパッチ

 

 

続いてはラッシュガードです。こちらは既製品に昇華転写プリントしました。

昇華転写プリントは洗濯にも強くアパレルにはとても向いているのです。

しかし残念ながら白地のモノにしかプリントできませんので、既製品へのワンポイントプリントですと制約が多いのが難点です。

 

IKBラッシュガード

 

 

最後はナイロンバッグにアイロンシートを転写しました。

カッティングプロッターがあれば簡単に製作可能ですが、色数とかカス取りとかこれはこれでいろいろ制約があります。

 

エコバッグをはじめとする雑貨類は海外製の既製品が激安で流通しているので、結構お手軽な値段で作れますよ。

 

ナイロンバッグ

 

今回ご紹介できませんでしたが、OKIのレーザープリンタの熱転写も少しずつ稼働し始めました。とてもクオリティーが高くてビックリしますよ!

 

プリントについてご質問・ご要望がございましたらお気軽にお問合せください。

 


【こんなものも作ってます】帆前掛け

 

新たにOKIのプリンタを導入しましてこんなものにもプリントできるようになりました。

 

写真は元同僚が青森県八戸市にオープンした飲み屋さんの帆前掛けです。

 

Tシャツ・エプロンといったアパレル製品の他にもトートバッグなどにもプリント可能です。昇華プリントですと白のポリエステル生地にしかプリントできませんが、こちらの方式では白トナーを下地にすることで地色が付いた生地にも写真のとおりプリントすることができます。

 

シルクスクリーン印刷、Tシャツインクジェット、インクジェット用転写シートなどプリント方法はいろいろございますが、特別な技術やノウハウが必要ないというところでOKIのプリンタになりました。

 

ネックはフィルム代が高いことですね…、ちなみに写真の帆前掛けで@3,000円で1枚からご注文可能です。

 

アパレル製品へのマークプリント、グッズ製作のお話などございましたらお気軽にお問合せください。

 


こんなものも作っております【ファイトショーツ】

ファイトショーツ

 

所属する道場の先生の依頼でファイトショーツを急きょ製作いたしました。

総合格闘技の選手が着用するウェアですが今回はパンクラスという団体で着用している姿が見れる予定です。

 

お話を頂戴してから約1.5週間、1.パターンを起こして、2.生地を仕入して、3.社内のレーザー裁断機でカットして、3.昇華プリントを施して、4.ゴムとかベルクロとか副資材を仕入して、4.縫製して…、こんな感じでバタバタでしたが何とか完成いたしました。

 

弊社の縫製担当の女性は経験豊富で器用に仕上げてしまいましたが、初めての品物ということで時間がかかるのは仕方ありません。

 

2/14から開催される展示会のサンプルも作ろうかと考えておりましたのでタイミングは良かったのですが、いかんせんサンプル生産の数量では効率が悪過ぎて商業ベースで考えると厳しい感じですね、自分も素人なのですが原価計算すると縫製のコスト(時間)が一番大きいんですよ。

 

枚数が10枚くらいあれば皆さんにご提供できる価格に近付けそうです。

ご興味のある方はお気軽にお問合せください。

 

展示会を機に営業にも力を入れようかと考えておりますが、全く知らない業界なのでどうしようか?コネがある方がいらっしゃいましたら是非ご紹介くださいね(笑)

 

でも正直なところ、何とかミシン代くらい回収したいです…

 


| 1/3PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM