本日は税理士事務所との打ち合わせでした

7月の残高試算表をいただきましたが、想像以上の赤字でした…

 

新型コロナ対策融資が実行され、預金残高が大幅に増加したため、油断していて全く気付きませんでした(笑)

 

弊社 9月決算のため税金も気になるところですが、消費税の納税予想額にちょっとビックリしました。昨年10月より消費税率が上がりましたが、たった2%でもこんなに増えるのですね…

 

今期は赤字になりそうな雰囲気ですから「もしかしたら消費税の納税額も減ったりするのかな…」、などと思ったりもしましたが、甘い考えでした。

 

納税額を減らしたいのであれば、高額な設備投資でもして仮払い消費税を増やすしか方法はありませんが、どのみち現金は出ていってしまいますね(笑)

 

ほぼ間違いなく赤字企業でも納税が生じますので、実によく考えられた徴税システムです。

 

お客さんが支払った消費税を預かっているという建前ですから、使ってしまわないように気を付けましょう(笑)


早いものでもう9月です

陽も短くなってきて秋の気配がしてきました。

 

2020年は新型コロナウイルスに翻弄されっ放しのまま、師走を迎えてしまいそうですね。

 

9月は弊社の決算月なのですが、4月以降は毎月赤字を垂れ流している状態ですし、8月の売上も芳しくありませんでしたので、既に諦めの境地です(笑)

 

そろそろ明るい兆しの一つでも出てきて欲しいところですが…


オンライン展示会も難しそうですね

ミマキは相変わらずオンライン展示会、オンラインセミナーを積極的に開催しております。

 

ご興味のある方はこちらをご参照ください。

https://japan.mimaki.com/news/event/

 

こんなにハイペースで開催していると、近い内にネタ切れになるのでは…、余計なお世話ですけど。

 

個人的な感想ですが、「若干飽きてきた」というのが正直なところ(笑)

 

販売店の営業マンも「どういうユーザー向けに開催しているのかよく分からない」と言っておりましたし、資材販売を生業にしている人からすれば「今さら」という内容が多いのでしょう。

 

逆にミマキからすれば、新たに機材の導入する可能性のある潜在的ユーザーへのPRが目的なのでしょうから、ターゲットと実際の視聴者間での齟齬もありそうです。

 

弊社が昇華転写プリント業務を行っているということもありますが、このくらいターゲットを絞り込んだ方が、ユーザーにも分かりやすくて良いのではないかと思いました。

 

 

ついでに、Monti Antnio製昇華転写プレス機の詳しい説明も聞いてみたいですし、例えば「1時間に何着分の加工ができるのか?」といった点まで、深く掘り下げる価値のあるテーマだと個人的には思います。

 

オンラインでの営業活動については今後も試行錯誤が続くのかもしれませんが、より充実した内容を期待したいですね。


南葛SC 選手カードをご注文いただきました

弊社 名刺といった印刷物の受注活動は行っておりませんが、ご担当者が気を遣ってくださったのか、選手カード(名刺)作成のご依頼をいただきました。

 

弊社では伸ばしを付ける程度のことしかやっておりませんが(笑)、最近のオンデマンド印刷機の画質はとても綺麗ですね。

 

 

名刺印刷業者に選手27名分のカードをお昼頃入稿して、夕方には発送通知が届きましたので、手際の良さに驚きました。

 

名刺は価格競争が激しい分野ですし、印刷業者に勤務していた知人によると、先輩社員から「名刺は儲からないから断れ」と指導されたとのことでしたが、大量受注と印刷工程の効率化により、名刺だけでも十分商売として成立するのですね。

 

写真の両面フルカラー名刺100枚で1,000円ちょっとの低単価ですから、いったい一日にどのくらいの量の名刺を印刷すれば商売として成立するのだろうか?

 

商売は奥が深いですね。


【続き】ミマキ 第2回オンライン展示会

7/13開催されたミマキ 第2回オンライン展示会についての感想です。

 

私が注目していた「大型3Dプリンタで電飾看板用フレームを作ろう」ですが、製作物はテンションファブリック用のフレームでした。

 

素人の私にはオリジナルな形の電飾看板というのは、ディスプレイ商材としてとても新鮮に感じられましたが、プロの方々はどのような感想を持たれたのか、話を聞いてみたいですね。

 

説明員の方の調査では、規格品のテンションファブリック用フレームの流通価格はそれなりに高価なようで、3Dプリンタで製作したフレームの価格も、お客さんに納得してもらえる下地はあるように思えました。

 

広告面の交換が低コストであることを考慮すると、販促用什器として有用な使い方があるかもしれません。

 

サンプルとして製作した異形フレームは製作時間 1.5時間/個とのことですから、造形スピードにも驚かされました。

 

今回は冒頭に規格品のテンションファブリック用フレームのマーケットについて説明があったので、何となく商売をイメージできたのが良かったような気がします。

 

お金の話があると、集中力もアップします(笑)

 

3Dプリンタで作られた精巧なフィギュアといったものは、見慣れてしまった感がありますが、電飾看板のフレームという地味な商材の提案であったことが、逆に新鮮で面白く感じられたのかもしれませんね。


ミマキ 第2回オンライン展示会

本日開催のミマキ 第2回オンライン展示会ですが、「大型3Dプリンタで電飾看板用フレームを作ろう」と「新時代のウィンドウグラフィック提案」の2つを視聴しまして、自分の知らない分野ということもあり、面白かったです。

 

この展示会の動画は、後日 ウェブサイトにアップロードされるそうですから、見逃した方も見ることができるようです。

 

私が見ている時間帯で視聴者は約100名おりましたので、興味を持っている方・情報収集している方もたくさんいらっしゃるようです。

 

まだ手探り状態かと思いますが、さらなる深化を期待したいです。


家賃支援給付金制度が決定したようです

経産省のウェブサイトに掲載されておりましたので、正式に決定したようです。

 

家賃支援給付金に関するお知らせ

 

弊社も毎月〇十万円ほど家賃を支払っておりますので、とてもありがたいです。

 

過去の統計によると、失業率が1%増加すると比例して自殺者が1万人増加するというデータもあるそうで、雇用を守るという意味でも企業への支援は意義があるものと思います。

 

財源も無限にある訳ではないので、いつかは増税という形で回収されるものと思いますが(笑)、まずは生き残らなければ!


6月も終わりですね…

早いもので、今年も半分が経過してしまいました…

 

思いもよらぬ新型コロナ禍が発生して、精神的にも経営的にも疲労感でいっぱいです(笑)

 

6月の売上は前年対比で20-30%減といった感じになりそうで、5月よりはだいぶ盛り返してきた感はありますが、まだ厳しい状況が続きそうな雰囲気です。

 

本年前半は暗いニュースばかりでしたから、後半は明るいニュースを期待したいですが…


税理士事務所から5月度の試算表が送られてきました

酷い赤字であったことは分かっておりましたが、直視するのが辛いくらいの酷い赤字でした(笑)

 

現金残高は普段から気に留めておりましたので、6月のキャッシュ減少が凄いことになるのは確認済みでしたが、貸借対照表・損益計算書というオフィシャルな書面で突きつけられると、また違う衝撃があります。

 

6月も下旬に差し掛かりましたが、景気の本格回復には程遠い感がありますし、今後コロナ禍の第二波が起こる可能性といったことも考慮すると…、予断を許さない状況が続きますね。


持続化給付金が振り込まれておりました

本日 信金で記帳したところ、先週末に持続化給付金が振り込まれておりました。ありがたや!

 

申請から約1週間後の入金でしたが、諸々の状況を考慮すると迅速な対応かと。「対応が遅い」といった批判も多いですが、役所の方も頑張っていると思います。

 

5月の赤字が酷すぎて給付金では埋め合わせできませんが、ありがたく使わせていただきます。

 

コロナ対策融資も申し込みしましたが、こちらは信用保証協会等で処理が滞っており、2-3週間待ちという状況だそうです。さすがにその位の運転資金はあるので、まだ大丈夫です(笑)

 

新型コロナ禍も落ち着きを見せておりますので、6月は回復を期待したいところですが、今のところ低調ですね…

 

この先、どうなることやら…


| 1/6PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM