ローランドDGが海外で販売している8色溶剤プリンタ

こちらのRF-640 8colorという機種ですが、海外専売モデルのようで日本では販売しておりません。

 

https://www.rolanddg.co.uk/products/printers/versaexpress-rf-640-8-colour-printer

 

エプソンによると、溶剤プリンタのラインアップで10色機のSC-S80650の販売数量が9割くらいということなので、ユーザーの高画質への要求というのは高いということなのでしょう。

 

エプソンSC-S80650はCMYK+LC・LM・RED・ORA・GREY・白orシルバーの10色という構成ですが、ローランドDGのRF-640 8colorはCMYK+RED・ORA・GREEN・GREYという8色の構成となっており、溶剤プリンタでは初めて見る組み合わせとなっております。

 

明らかにエプソンSC-S80650と思われる10色プリンタとRF-640 8Cとのカラーガマット比較表が載っておりますが、RF-640 8Cの方が色域が広いというアピールがされております。緑系で大きく差がついており、なかなか興味深い結果ですよね。

※表を追加しました

 

プリント速度についてはプリントヘッドの大きさやキャリッジの移動速度も異なると思いますので難しいですが、単純に比較するとSC-S80650に搭載されているプリントヘッドはRF-640 8Cに搭載されているモノの2倍の解像度・ノズル数×2個搭載となっているようですので、SC-S80650の実用モード 6PASSでの画質はRF-640 8Cの16-20PASSあたりに相当すると考えられます。

 

概算でRF-640 8CはSC-S80650の1/4程度のプリント速度になるかと思われますが、正しいのかな?価格帯も異なりますので仕方ありませんが、ライバルというにはちょっとスピード不足ですよね。

 

しかし面白い取り組みですし、ローランドDGのプリンタは高画質だというユーザーへのイメージ作りは大切ですので、どうせなら他の機種も8色インクを搭載できるようにしたら、より分かりやすくて面白いのではないかと思いました。

 

大昔の水性顔料プリンタ ミマキJV2・ローランドFJ-500といった年代のプリンタでは、オレンジ・グリーンモードが選択できる時代がありましたが、十数年経て溶剤プリンタで復活というのも不思議な感じですね。

 

もしかすると、エプソンの後継機はもっとインクカラーが増えたりするのでしょうか?


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM