エプソンのビジネスインクジェット複合機

エプソンから株主通信が送付されました。1単元しか保有していない泡沫株主にも送付しなければいけないので、上場企業というのも大変ですよね。

 

 

こちらの株主通信は乾式オフィス製紙機で作ったリサイクルペーパーに、高速ビジネスインクジェット複合機で印刷したものだそうです。リサイクルペーパーもプリントも実物を見るのは初めてです。

 

インクジェットプリンタで普通紙にプリントしたものはあまり鮮明ではない印象がありましたが、実物を見ると文字も写真も全く問題が無いレベルで、とても鮮明なプリントです。通常の印刷物と較べて気持ち濃度が薄いかなという程度で、書いて無ければインクジェットとは気付かなかったかもしれません。

 

リサイクルペーパーは白色度が低く、折り目からボロボロと紙粉が…、しかし保存文書でなければ十分だと思います。

 

こうして実物サンプルを見せられると、想像していたものより遥かに素晴らしい品質でした。

 

オフィス用複合機業界も0.01円単位で価格競争をしているような有様ですから、エプソンの高速ビジネスインクジェット複合機での参入も筋が良くないなーと思っておりましたが、オフィス製紙機があることによって「リサイクル」「省エネ」「機密情報管理」といったテーマに有用なイメージになるのは不思議なものです。

 

現在 大企業はCO2排出削減やコンプライアンスといったさまざまな制約を課せられていますので、コスト云々よりこうしたキャッチコピーの方が販売には有効なのかもしれません。

 

オフィス製紙機は大量に販売するのは難しい商品かもしれませんが、社会的な存在意義があると思いますので、どんどん改良を進めてもっとコンパクト・低価格になって欲しいですね。


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM