アメリカの展示会 PrintingUnited2019 の記事が載っておりました

SGIA SHOWの名前が変わったそうで、総合的な印刷機器の展示会へと内容も変わっている様子です。

 

※追記 展示会は10月23日-25日に開催されており、紹介記事も11月8日に作成されたものでした。

 

インクジェットプリンタもいろいろ紹介されております。

 

レポート3:efi/ミマキ/ローランドDG/リコー

https://p-prom.com/feature/?p=37308

 

レポート4:その他海外メーカー

https://p-prom.com/foreign-countries/?p=37364

 

恐らく日本市場が世界では異質なのだと思いますが、いろいろなメーカー・プリンタがあるものですね。

 

いくつか印象に残った点をピックアップします。

 

・リコー/キャノン

アメリカでは48判のフラットベッド型UVプリンタが売れ筋商品のようで、リコー・キャノンといったメーカーも日本では未発売のUVプリンタを結構な数量出荷しているようです。

 

・efi

VUTEkの広幅ロール出力物の耳カットオプションは便利そうですね。こうした後加工を省力化する機器は、とてもニーズがある分野だと思うのです。プリンタメーカーは意外と消極的な印象でしたが、今後は変わっていきそうな雰囲気です。

 

UVプリンタ全般の話ですが、アメリカではロール&フラットのハイブリッド式UVプリンタが人気だそうです。

 

・エプソン

1600mm幅クラスのプリンタカテゴリーで、アメリカでもシェア30%あるそうです。

 

・HP

地元アメリカでの人気は特別なようで、やはりロール&フラットのハイブリッド式LATEXプリンタが注目されているとのこと。

 

・レポート4の中国メーカー

2.5m幅のハイブリッド式UVプリンタが490万円と激安プライスだそうですが、数百台の出荷実績があるそうですから、世界では中国メーカーもかなり認知度も上がっていそうな雰囲気です。

 

VUTEkあたりですと、3.2m幅UVプリンタが5-6,000万円くらいすると聞いたのですが、それでもVUTEkを買い求めるユーザーがたくさんいる訳ですから、メーカーには性能・品質・信頼感・ブランド力といった要素が大切だと感じますね。

 

レポート5に後加工装置の紹介があります。

https://p-prom.com/foreign-countries/?p=37446

 

レポート6でTシャツプリントやグッズ作成の機器を紹介予定らしいので、こちらも楽しみです。というか、だいぶ時間も経ってますけど…


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM