明けましておめでとうございます

本年もよろしくお願い申し上げます。

 

1月6日(月)より通常営業となりますので、お問い合わせをお待ちしております。

 

今年は東京オリンピックというビッグイベントを控えておりますが、オリンピック特需があったりするのでしょうか?あったらあったで、オリンピック後の反動も怖いものがありますよね。

 

弊社のような末端業者は、おこぼれに与れればラッキーなのですが(笑)

 

イベントブース設営業界では、東京ビッグサイトといった会場が使用できないことにより、大きな影響を受けているとのことで、その影響は業界により様々なようです。

 

弊社の食い扶持である業務用インクジェットプリント業界では、今年どんな動きが見られるのか?こちらも興味深いです。

 

エプソンがいくつか新製品を出すのは間違いなさそうですが、ミマキ・ローランドDG・武藤工業もメーカーとして開発力の真価が問われる状況です。諦めて違う分野に注力するという可能性も、もちろん考えられます。

 

海外の展示会の様子を見ると、日本では販売されていない欧米のメーカーもたくさんありますし、中国プリンタメーカーも存在感を増しているようですので、ワールドワイドで見れば国内より遥かに激しい競争があるのかもしれません。

 

プリンタの高性能化は当然 出力業者にも影響を与えることになりますが、この導入事例も興味深いですね。

 

株式会社アートリンク フラットベットUVIJ JETI MIRA導入

http://www.apogee-users.jp/interview_case/inkjet_case/artlink_201903.html

 

高速UVインクジェットプリンタの出現により、サイン・ディスプレイ業と印刷業はボーダーレス化が加速していきそうです。当然、印刷業者が高速UVインクジェットプリンタを導入して、サイン・ディスプレイ業に参入する事例もあるでしょう。

 

同じような事例が他にも

 

堀内カラー フラットベッドUVIJ「JETI MIRA」導入事例

http://www.pjl.co.jp/issue/_2019_5/post_359.html

 

日光プロセス swissQprint製UVIJ「Impala3」導入事例

http://www.pjl.co.jp/issue/_2019_5/impala3.html

 

こうした事例を見ると、インクジェットプリンタが大量生産機としての能力を持つようになったことで、新たな需要を開拓したとも言えますし、異なる分野への参入が容易になったという分かりやすい事例ですね。

 

より一層の成長を求めるのであれば、こうしたハイエンドプリンタの導入は必須でしょうし、必然的に高額な設備投資をする資本力や営業力、物量といった、規模が要求される時代なのだと感じさせられます。

 

そんな訳で弊社のような零細出力業者の先行きは、楽観視できるものではないと感じておりますが、大手出力業者とは違うニッチな土俵で頑張るしかないのでしょうね…


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM