ミマキ 第三四半期決算

ミマキの第三四半期決算が発表されておりました。

https://ir.mimaki.com/archives/016/202002/6638_20191231_2003-3Qkessan.pdf

 

前年同期比で売上+4.0%とのことで、厳しい市況下でも思いの外健闘している印象です。しかし営業利益は-56.1%、第三四半期の純利益に至っては赤字と酷い有様で、「売上は増えているのにどうして?」という感じです…

 

国内売上も前年比プラスで推移しているとのことですが、どの商品が売れているのですかね?耳にするのはエプソンばかりの印象なのですけど、営業マンの皆さんの頑張りなのかもしれません。

 

ローランドDGもそうですが、ミマキの成長を10年近く支えてきた卓上型UVプリンタの売上が減少し始めているので、そろそろ次の成長のタネを探す必要がありそうです。

 

産業用プリンタや3Dプリンタの分野もたくさんの企業が参入しておりますし、そんなに簡単に見つかるものでも無さそうな気がしますが、数年以内に「売上を1,000億円にする」という目標を掲げているのですから、何か秘策があるのでしょうか?

 

少なくとも私のミマキ株の含み損が解消するまでは、池田ファミリーには死ぬ気で働いていただきたいです。


コメント
こんにちは〜
営業マンの給料がいいと聞きましたよ
それが赤字の原因じゃないですか?
大型プリンターはいまいちらしいですが
卓上UVプリンターはコンスタントに
売れているらしいですよ(こちらの地方では)買っているのは看板屋じゃなくて
印刷屋さんが多いと聞きました。
お世話になります。
営業マンの方もノルマに追われて大変そうなので、給料が安かったら可哀そうではあります(笑)

そう言えば、御社で導入したJV300ですが、カット付きのCJV300でも良い気がしたのですが、検討されましたか?

サイン業者さんがどういう点を考慮されているのか、気になりました。

今後ともよろしくお願い申し上げます。
  • インクマニア
  • 2020/02/08 2:50 PM
こんにちは〜
カットは、カット機
プリントは、プリント専用機という
考え方の人です。
印刷品質もJVとCJVでは断然JVの方です。
それにカット機2台ありますし
ローランド製CJ500(複合機)も入れれば
3台あるので、これ以上カットは要りません(笑)
CJ500買った時は、何の知識もなく購入
この時に色々と学びました。
今ではカット専用機として働いてもらってます。
複合機は高いでしょ!5〜6年で買い替える訳だから勿体ない
置き場所にも困らないので、分けてます。
ご返信ありがとうございます。

カッティングもたくさんお持ちなのですね。
やはり別の方が使いやすいですか。

画質がJVの方が良いというのが意外でした!
同じ機構かと思いますが、ローラーやキャリッジの重量といった細かい違いが、精度に影響するのかもしれませんね。

今後とも宜しくお願いします。
  • Ink mania
  • 2020/02/08 3:48 PM
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM