ミマキ UJV100-160は国内販売をしないそうです

先日 発売のリリースがあったミマキ UJV100-160ですが、国内販売はしないと下記ウェブサイトに記載がございました。

 

http://www.pjl.co.jp/news/product/2020/03/13013.html

 

日本ではUVプリンタの需要は多くないという判断かと思いますが、極めてオーソドックスなUVプリンタですから、勿体ない気もします。最近発表されたローランドDGのプリンタも、国内販売をしないものが多いですよね。

 

この理由としては、日本市場が欧米市場と異なるというのはありますが、商習慣の違いもあるのではないかと思います。

 

日本の販売店は全プリンタメーカーと販売店契約をしている会社も珍しくないですが、海外販売店のウェブサイトを見ると、1メーカーの特約店となっている会社も多くあります。

 

そのため、メーカーと販売店は一蓮托生の関係になっていて、強い絆(契約)で結ばれているのかと。

 

そういった販売店は特定メーカーのプリンタしか販売する商材を持っていませんから、メーカーも自社の売上のため、ひいては販売店のためにも新たな商材を投入しなければ、という意向が強く働くのかと思います。

 

主力の溶剤プリンタがエプソン一人勝ちの状況の中、ミマキもローランドDGも欧米で売上を大きく減らしていないのは、そういった特約店が多く存在するという理由からなのではないかと想像します。

 

ミマキが国内で直営業指向を強めたり、逆にローランドDGが国内営業を縮小したりしたのは、国土の狭さやマーケットの違いもあるでしょうけど、販売店をコントロールできないという日本の商習慣による事情もあるのでしょう。

 

失礼ながら、国内販売店の営業マンの多くは御用聞きがメインの業務のようですから、メーカーもあまり期待していないのかもしれませんね(笑)


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM