昨日の出来事

いつもプリントの注文をいただいている近所のサイン業者さんに伺ったところ、ピカピカのミマキJV300が増設されておりました。

 

私の知る限り十数年間、SJ→XJ→XRとローランドDG一筋だったのですが、販売店の営業マンも後継機としてTrueVIZは薦め難いでしょうし、実際 性能的に物足りなかったのかもしれません。

 

この業者さんも特別な要求は無いと思われますので、普通に6色インク仕様の後継機があれば、ローランドDGの溶剤プリンタを導入していたと思うのですが…

 

エプソンでもミマキでも代替品があるので誰も困ることは無いですけど(笑)、贔屓にしてくれたユーザーを切り捨ててしまう姿勢には、少々残念な気がいたしました。


コメント
こんにちは〜
その看板屋さんが何故EPSONを買わなかったのが
気になる!
ローランドからEPSONは色目も似てるので
移行しやすいんですがね!
そうなんですね。
それほど出力機に拘りがあるようなお客さんではないですので、ミマキが安かったといった感じかも。
詳しい話は聞かなかったのですが、今度聞いてみます。
  • インクマニア
  • 2020/04/01 7:04 PM
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM