コロナ禍の影響も会社によってまちまちのようです

お世話になっている看板業者さんと話をしたところ、4月も仕事はたくさん入っており忙しいとのことでした。

 

その業者さんの発注元の交通広告・建設会社絡みの案件といった仕事は、長いスパンで予定を組んでいるので、直ぐに影響が出るという感じではないのかもしれません。

 

弊社も含むプリント仕事がメインの会社は、販促やイベント系の仕事が多いでしょうから、影響が出るのが早かったのでしょうね。

 

某Tシャツ販売業者の営業マンも「ピタッと止まった」と言っておりましたが、取引先から聞いた話では葛飾区内の某Tシャツプリント業者さんは「アパレルの仕事がバンバン入ってきて忙しい」そうです。

 

中国でプリント予定のアパレル製品が、新型コロナウィルスの影響で国内加工に変更されたのではないか?、とのことでした。

 

業種・企業によって仕事への影響もずい分異なるようです。

 

ニューヨークの株式市場を見ていると、まるで新型コロナウィルス問題は解決したかのようなリバウンドを見せておりますが、パラレルワールドの夢でも見ているような気にさせられますね…

 

足元でたくさんの死者が出ている最中に株価で一喜一憂する様は、悪い冗談としか思えません。

 

本当に夢だったら良いのですけどね(笑)


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM