【続き】エプソン 新型昇華プリンタを披露

エプソンの「商業・産業IJP事業戦略説明会資料」の続きです。

 

他に面白そうな資料としては、こんなものも掲載されておりました。

 

       

エプソンのTシャツプリンタ(DTG)・昇華転写の高シェアと、溶剤プリンタ(サイネージ)の低シェアが意外ではありますが、サイン・昇華転写・捺染といった分野のIJプリンタにおいて、世界的には中国メーカーが大きなシェアを獲得していることに驚かされます。

 

他にもこんなものが…

 

 

2019年実績で約1,000億円の商業・産業用IJプリンタの売上を、2025年には2,000億円に増やす目標だそうです。

 

仮に数年後、溶剤プリンタ・昇華プリンタのカテゴリーで、エプソンが数百億円レベルでの売上増を達成してしまったら、その時 ミマキやローランドDGはどうなっているのだろうか…

 

激安中国製プリンタに対抗するのも難しそうですし、とても厳しい状況になっているのかもしれません…

 

ほんの数年で状況が一変してしまいますから、ビジネスの世界は怖いです。


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM