Durst P5 UVプリンタは凄いらしいです

昨日 販売店の営業マンがいらっしゃいまして、暇なので雑談しておりました。

 

この営業マンが、Durst P5という最新のスーパーワイドUVプリンタをお客さんに見せてもらったそうなのですが、「もの凄いプリンタ」だと言っておりました。

 

このプリンタです(日本製図器工業のウェブサイト)

https://www.nsksystem.co.jp/product/durst/jp/Segment/p5/index.html

 

ロールもボード材も印刷可能なベルト搬送式のハイブリッドプリンタですが、このベルトの上にボード材を適当にセットしても、プリンタの光学センサーが位置を補正して、きちんとプリントしてくれるのだそうです。

 

ボード材の場合はとても便利な機能ですよね。他メーカーにもあるのかな?

 

プリントの点では、UVプリンタ特有のインクの凸凹感が極めて目立たなくなっていて、「ラミネート品にも使用できそう」ということだそうですし、スーパーワイドプリンタにもかかわらず画質も汎用溶剤プリンタと遜色無いレベルとのことでした。

 

そんな高性能でありつつ、プリントスピードも2パスモード 240m2/hとのことですから、50mロールなんてアッという間に終わってしまいます。

 

画質の向上により、この手のスーパーワイドプリンタがターポリン/FF専用機という時代は終わり、さまざまな用途で使用可能な大量生産用プリンタという位置づけになっていくのでしょうね。

 

他の細かい点についてもいろいろ言及していた気がしますが、要約すると「とにかく全部が凄い」ということらしいです(笑)

 

個人的には「IJプリンタの性能は限界点に近いのでは?」と思っておりましたが、欧米のハイエンドプリンタメーカーの技術力・探求心は凄いと感じました。

 

これらのメーカーは、開発の姿勢が「ユーザーにとって価値のあるモノは何か?」と明快ですし、「高額だけど、導入すればそれ以上の利益があるよ!」という販売姿勢にも、「メーカーとはこうあるべきだ!」と感じさせるものがあります。

 

弊社も資金・スペース・受注増といった諸問題が全部解決出来たら、このプリンタの導入を検討しようかと思います(笑)


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM