中国からミマキのチップを取り寄せました

先月のことですが、お客様からミマキのチップの問い合わせがございました。

 

昇華インクSB54 2000ccインクパックが3本期限切れしてしまったとのこと。同製品は20,000円/1本くらいするかと思いますので、結構な損失です。

 

話を聞く限りでは、購入時点で期限が2-3ヶ月くらいしか残っていなかったとか…。ミマキさん、大丈夫ですか?(笑)

 

弊社の仕入れ先はSB54チップを作っておりませんが、「何とかなりませんか?」とのことでしたので、取引先の営業マンに教えてもらった中国の業者からチップを取り寄せした次第です。

 

とりあえず、無事使用できたとのことで良かったです。

 

こちらのお客様には弊社転写紙をご使用いただいているので、頑張って対応いたしましたが、一見さんにはこのような親身な対応はいたしませんので、悪しからず(笑)

 

現実問題として、数個レベルでは仕入原価が高くて利幅が取れませんので、商売として成立しません。

 

しかし、何回も書いているのでうんざりですが(笑)、ミマキももう少し在庫管理をきちんとできないのでしょうか?

 

品質管理上、使用期限を設けることは理解できますが、こんな些細なことで信頼を損ね、結果的にユーザーを失うことになるとすれば、本末転倒と言わざるを得ませんね。


コメント
チップを仕入れるなどミマキの利益に反するビジネスをしながら、ミマキの株主として応援すると言う。なんだかなー。コロナ禍ですが、頑張ろう。
  • 通りすがりの仮面ライダー
  • 2020/07/09 7:59 AM
「ユーザーが困っているから、在庫管理等々きちんとやりなさい」という親身な提言とご理解ください(笑)
  • インクマニア
  • 2020/07/09 10:35 AM
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM